カード・カウンティング

You are here:
< All Topics
Table of Contents

カード・カウンティング(Card Counting)

ブラックジャックやポーカーなどのカジノゲームに既出のカードを記憶します。これにより、後でだされるカードを推測し、それに応じてゲームを有利に進めることができます。
個人の能力による手法であるため犯罪ではありませんが、この手法を有効に利用すると、カジノ側に深刻なダメージを与える可能性があるため、カード・カウンティングをするプレイヤーのプレイを禁止したり、入店を禁止することもできます。

最も有名なカード・カウンティングは、カジノのブラックジャックで使用されるものです。
映画やカジノを舞台にした小説でも使用されています。

ブラックジャックカードのカード・カウンティングについて、簡単に説明すると、2種類、10ポイントカード(10・J・Q・K)と中間カード(3・4・5・6)に分け、各ゲームで使用されたカードの数を計算します。

10ポイントはプレイヤーにとって有利な数であり、ダブル・ダウンとスプリットの作戦は効果的です。
逆に、中間カードはディーラーにとって有利な数であり、ダブル・ダウンは失敗し、バストを期待してもディーラーは21以下の結果となることが多いです。
計算の結果、10ポイントのカードが中間のカードよりもでていない場合(多く残っている場合) はプレーヤーに有利になり、逆の場合はカジノに有利になります。

カード・カウンティングでは、このプレイヤーにとって有利な状況である場合に多くのお金を賭けることと、同時に一度の勝ち分を増やすことが目的です。
これに対抗するために、カジノ側は、ゲームの終了を知らせるカッティングカードを早めに出るように(多くのカードが残る)したり、シャッフル・マシンを導入したりしています。

Previous カード
Next カリビアン・スタッド・ポーカー
タイトルとURLをコピーしました